ブログ

素材から形へ

素材から、手作りで形にされているお客様をご紹介させていただいております。

素材から形へ〜duraringのご紹介


生地は、そこから色んな形に生まれ変わる「素材」です。

 

生地から色んな物が生まれます。

 

生まれ変わった姿は、元々の生地からは想像もつかなかったような印象をもたらしてくれることが多々あります。

 

そんな素材から形に変化した生地の姿を今回はduraringさんがノムラテーラーで取り扱っている生地を使ってネクタイを作られていましたのでご紹介させて頂きます。

 

DSC_1380

写真はノムラテーラー四条店1階で取り扱いをしているコットンファブリック。

このままの生地の状態だと、コットン素材ということもあり私としてはすっかり先入観で雑貨小物の材料として利用したり、カジュアルなシャツなどの材料になる、という認識でした。

 

 

そう思っていたのですがduraringさんが形にされたものを拝見すると上品で、素敵な仕上がりに驚きました。

初めは元の生地が何であるかを気付かなかったくらいです。

DSC_1383

それが写真のネクタイです。

 

なかなか写真では上手く伝わらないかもしれません、、、

それでも、少しは素材から形への変貌ぶりが伝わると良いのですが。

生地は色んな形に生まれ変わるから面白いですね。

「この生地で何作ろう?」

「こんな使い方も良いなぁ!」

の参考になれば幸いです。

 

 

使う人によって色んな形に生まれ変わる素材。

ノムラテーラーは、そんな生地を通じて今後も多くの方の「手づくり」のお役に立てます様に努力していきます。

 

 

株式会社ノムラテーラー

山田

 

 

—————————-
duraring

duraring

指輪やカフスボタン、タイピン、オリジナルデザインのネクタイなどのブランド

http://www.duraring.co.jp

連絡先: tm-sin@i.softbank.jp

————————

 

ミミズクヤ-洋服生地きもの店


先日、祇園祭の宵山ということもあり、熱気漂う京の町をぷらりと歩いて「ミミズクヤ」さんを訪問させて頂きましたので、とても簡単にご紹介をさせていただきます。

DSC_1073

洋服生地きもの店 ミミズクヤ

http://blog.mimizukuya.com/

 

 

ミミズクヤさんはノムラテーラーでも取り扱っている、コットンファブリックを中心に着物を作り、販売されているお店です。

石畳の路地と町家が着物や和雑貨によく似合う素敵な雰囲気がありました。

DSC_1075

接客中のオーナーさん

 

 

店内の様子

DSC_1080DSC_1081DSC_1086

 

店内には着物や帯として仕立てられた、ノムラテーラーでも取り扱っている生地の姿を目にすることができました。

 

 

DSC_1091 DSC_1092

 

本当に簡単で申し訳ないのですが、撮影をしていると他のお客様の邪魔になりますのでこの程度で控えさせて頂きました。

是非、一度ホームページをご覧頂いたり、直接店舗へ足をお運び下さいませ。

京都らしい着物ファッションの文化と、テキスタイルの楽しさが感じられる素敵なお店ですよ。

 

洋服生地きもの店- ミミズクヤ

〒600-8471京都市下京区新釜座町722-10

mail/hana@mimizukuya.com
HP/http://www.mimizukuya.com/

 

 

※本文内、ミミズクヤさんの住所とホームページアドレスを2015/4月に再編集しております。

 

 

 

株式会社ノムラテーラー
山田

素敵なお店のご紹介


何か衣類を手作りする時は、多くの場合どうしてもパターン(型紙)が必要になりますね。

 

「服を作る」ということはかなり敷居が高い様に感じられる方もおられるかもしれませんが、実際には設計図であるパターンがあって、それが分かりやすく書かれていると意外とちゃんと作れる物なんです。
(もちろん、難易度はそれぞれありますが)

 

 

今回は、そんなパターンを取り扱っておられるお店をご紹介させていただきます。

rogomini1 パターンショップichicaさん

「既製服みたいな服が作れる分かりやすいレシピ付きの型紙を販売」っていうキャッチコピーが自分でも作れそう、やってみようかなと思わせてくれますね。

ihica

 

一般的に流通しているパターンでは、なかなか満足出来なかった方にもぜひとも一度ご覧頂きたいお店です。

 

パターンショップichica
http://www.patternshop-ichica.com/

 

素材から形へ。~とあるお客さまの場合~


当店では四条店の1階でポリエステルの和柄チリメンを取り扱っております。

通常、こちらの生地は簡易着物にされる方がおられたり、巾着、風呂敷などの和装小物の素材として主にご利用いただいております。

そんなチリメンですが、こんな使い方もあるようですので、是非ともご紹介させていただきたいと思います。

装飾合わせ硝子/お客様名はご希望により伏せさせて頂きます。

元々は染匠の会社なのですが、新規事業として上記の様な装飾合わせ硝子の製作もされておられるようです。

こういった装飾合わせ硝子は京都では京都御苑境町休憩所の硝子で使われていたり、その他全国のホテルやマンション等で使用されているようです。
※一般のお客さまへの販売はされておられません。企業様向け製品です。

 

生地といえば、衣類であったりかカバン等の雑貨小物であったり、生地をそのまま活かした(触れるという意味で)が通常の使い方ですが、このようにディスプレイ用途でも見事に活かされています。作品の貸し出し、本当にありがとうございました。

 

手作りの形は様々ですが、少しでも皆様の手作りのお手伝いが私たちノムラテーラーがお役に立てましたら幸いです。

また、弊社をご利用頂いておられますお客様のご紹介もどんどんとさせて頂けましたら,と考えております。ご興味をお持ちのお客様はofficial-web@nomura-tailor.co.jpまでご連絡下さいませ。よろしくお願いいたします。

 

素材から形へ。とあるお客様の場合。その2


手作りって、こんな形になるんです。

今回は、ご紹介の第2回目。

手作りベビー・子供服のMAHO工房様

http://maho-kobo.net/

一昨年秋よりネットショップでの販売をスタートされたようで、主に手作りベビー・子供服、ベビー小物、育児グッズ等をされております。

今、大変忙しくされているとのことですが、ブログに掲載されておられますお客様(お子さま)が嬉しそうな笑顔をしていることからも、素敵なお店というのが伺えますね。http://ameblo.jp/maho-kobo/entry-10982040153.html

今後とも、よろしくお願いします。

 

素材から形へ。とあるお客様の場合。その1


以前、弊社のオンラインショップでお買い物をして頂いたお客様が運営しておられるショップサイトのご紹介です。

今回はその第一弾。

弊社から生地の姿で人に渡り、別の形になり、また、人の手に渡る。

なんか、いいな、と素直に思います。

素材が、手作りでこんな形になるんだ、と思っていただければ幸いです。

http://www.etsy.com/shop/seabreezestudio

アメリカ拠点のショッピングモールEtsyを中心に活動されているようですが、もちろん日本語サイトもございます。
http://seabreezestudio.co.uk/indexjp.html

一度ご覧になってみてください。何か作ってみたいな、と思いませんか?