メニューを開く

生地通販のノムラテーラー > お知らせ > お役立ち情報 > 素材・商品説明 > 生地・織物の種類「う~」

生地・織物の種類「う~」

  • お役立ち情報
  • 素材・商品説明
  • 2019/12/12

生地・織物の種類

生地と一言でいってもたくさんの種類があり、生地によっての特徴や、違いは分かりづらいものですよね。

ここでは生地・織物の種類について解説していきたいと思います。

 

  • ウェイストクロスまたはウェイストダック

ウェイストとはクズという意味で、くず糸を使って織った綿織物です。

経糸にくずは使えないので、緯糸に使います。

太番手の物が多く、平織りの物が多いです。

  • ウェザークロス

ウェザークロスとは悪天候にも使えて、丈夫で防水性のある織物を総称しています。

ウェザーは、英語で「天候」を意味し、一般にこの名で出まわっているものは、ポリエステル65%、綿35%の混紡素材であり、組織密度が非常に高いため、地合いに張りとコシがあります。素材の風合いは樹脂加工によって変化させるため、堅くも柔かくもなり、水分を吸収しにくくなっています。綿の平織り物の中では上質に属し、カジュアルなジャケットなどに向いています。

  • ウエポン

ウエポンとはウエストポイントの略称。ウエストポイントとは米国の地名で、陸軍士官学校のあるところ。ウエストポイントという織物名はこの士官学校の制服に使われているところからきている。
その規格は綿コーマ糸使いで、経糸36s/2、緯糸25s/2、40インチ、密度108本×60本/インチの綾織物である。シルケット加工をかけ、光沢を出した高級感のある織物です。米国ではこの規格の織物をユニフォームツイルといい、高級作業服、運動服に使われている。
日本では昭和30年代の後半から40年代にかけてこの織物がブームを起こし、高級ワーキングウェア用生地の定番品となりました。

ウェポンの生地はこちらをクリック

  • ウールジョーゼット

ウールジョーゼットはウールで繊細なざらざらとした表面感をだした織物です。

緯糸ともS撚りとZ撚りを交互に並べクレープ状にしたものです。

秋冬のドレス素材としても用いられます。

ウールジョーゼットの生地はこちらをクリック

一覧に戻る

ようこそ
$LAST_NAME$さま

現在の所持ポイント
$POINT$pt

ポイントは商品購入時に
1pt=1円として使用する
ことができます。

マイページ